下関レトロ建築めぐり|福岡モデル撮影

下関レトロ建築めぐり
  • 最終更新日:2014/11/15
  • 下関レトロ建築めぐり
  • 【旧秋田商会ビル】
    日本の近代建築史を代表する建築物、「旧秋田商会ビル」
    旧秋田商会ビルは、大正4年(1915)に竣工した和洋折衷の極めてユニークな建築物です。
    西日本で最初の鉄筋コンクリート造の事務所建築であるとともに、わが国に現存する同種建築物としては最古級のものです。

    【旧下関英国領事館】
    下関市民の心の安らぎであり、誇りでもある「旧下関英国領事館」。
    平成11年5月に国の重要文化財の指定を受けました。
    下関市内の国指定文化財(建築物)は、国宝である功山寺仏殿、住吉神社本殿、重要文化財で毛利元就が寄進した住吉神社拝殿に次いで4件目の指定となります。
  • Various
  • photo:平嶋 禎享 / okazaki